かたくり情報  2020 – 33 真夏の移植地

8月30日 早朝の散歩(運動不足の解消)で 群生地へ 行って見ました。

 

予想はしていたが 

f:id:kanjuku107:20200902103527j:plain

f:id:kanjuku107:20200902103616j:plain

f:id:kanjuku107:20200902103639j:plain


全面に ほかの雑草たちに覆われていた。

 

この時期 カタクリ達は 「 夏眠 」しています。

まぁ、この暑さ それに 小雨 なので じっとしています。

 

 

それにしても 凄い雑草たちですね。 

f:id:kanjuku107:20200902103824j:plain

 

まぁ、見事に 覆い尽くしています。 背丈は、1m前後の高さまで

f:id:kanjuku107:20200902103849j:plain

 

この場所 6月頃には 斜面上のケヤキの木が葉を出して日陰になりますし

雨が降っても 直接に当たる訳でもないのに

雑草たちは、元気ですね!

 

 

これで、秋になると 一般の雑草たちは 枯れます。(1年草)

f:id:kanjuku107:20200902104147j:plain
 

また、杉の葉っぱが 沢山 落ちます。

f:id:kanjuku107:20200902104231j:plain
 

それに、タラの芽や 雑木の子供達は 葉っぱを落として細い幹を残します。

f:id:kanjuku107:20200902104320j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200902104347j:plain



 こんな状態ですと 春になって カタクリ達の育つ環境でなくなるので

2月の厳寒頃に 役員が総出で 藪刈りを行います。

 

f:id:kanjuku107:20200902104611j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200902104633j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200902104756j:plain



 

そして、かたくり祭 を 迎えます。

 

 

帰りに カタクリの群生する山道の入口へ行って見た。

f:id:kanjuku107:20200902104829j:plain


 入口も 雑草で 覆われていた。

 

 

近況報告 でした。

 

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

このブログは、時により1日数回の改訂を行う事があります。

その都度、改訂番号を変更しますので宜しくお願いします。

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントを適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

katakuri8@apost.plala.or.jp

 

かたくり情報  2020 – 32

いゃ、いゃ ちょっと遅かったか!

 

 

この所、朝は 温かい 今朝は、16℃だった。

適度の青空も 見えているが 予報では、午後辺りに雨が降るらしい?

f:id:kanjuku107:20200526193252j:plain



先週、カタクリのタネを回収する為に見に行ったが
未だ、少し早かったので 
ソロソロと思い プラ箱とハサミを持って現地へ行った。


それにしても 今日は 雨が降るらしいのか?
歩いていると カエルの声が 聞こえる。


現地へ行って見た。 カタクリの咲く山道へ

f:id:kanjuku107:20200526193337j:plain


相変わらず どこに カタクリのタネ袋があるのか判らない。

f:id:kanjuku107:20200526193444j:plain



上の方へ行ったら 薄白いタネ袋を発見した。

f:id:kanjuku107:20200526193526j:plain

 

イヤな予感! 

 

な、なんとタネが弾き飛ばされて 中身ナシ!

f:id:kanjuku107:20200526193612j:plain

マズイ! 遅かったか!!


これは、

f:id:kanjuku107:20200526193656j:plain

やはり、弾き飛ばされている。

 


目を堪えて タネを探す!

あった、丁度 タネ袋が 開く寸前の物が。。

f:id:kanjuku107:20200526193733j:plain


 

そんな訳で 少し 緑が残る タネ袋も 回収する事にした。

f:id:kanjuku107:20200526193759j:plain



この状態で 数日、置きますと 袋からタネが出て来ます

 

そして、早々に 自宅に戻り 

6名様の タネ植え付けキットの作成を始めた。


この植え付けキットは、
次の様な物で構成されています

f:id:kanjuku107:20200526193858j:plain

①  植え付けまでの手順書
②  回収したタネ 約10粒
③  カタクリの発芽の様子写真
④  籾殻 少々
⑤  肥料 約6粒
⑥  植木鉢の底網
⑦  特製の消し炭
⑧  不織布

f:id:kanjuku107:20200526194007j:plain

 

これらを 郵便のレターパックライト便で近日に送達されます。

f:id:kanjuku107:20200526194033j:plain

 

タネをご希望の6名様は、ご自分で 次の物を用意して植え付けます。

①  4~5号の植木鉢
②  中粒の軽石(底石)
③  小粒の鹿沼土赤玉土

 

果たして、来年の春に芽が出て来るかな~!!

たのしみですね!!

 

 


じゃあ、またネ!


このブログは、時により1日数回の改訂を行う事があります。
その都度、改訂番号を変更しますので宜しくお願いします。


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

 

かたくり情報  2020 – 31

ちょっと早いけど また、行って見た!

 


昨晩は、2回に分けてか 当地で 集中豪雨があった。
最初は、21時半頃だったか? もう、家が流れてしまう感じだった。
それに、オマケに 雷も鳴った。

 

この時は、PCの前に居たので ネットで雨雲レーダーを見ていたので
予測は出来たが それでも、怖かった。

 

そして、1時間ほど おとなしくなったが 
また、雷雲は やって来た。


今朝の気温 13℃ と寒くはない。
いい、感じに青空も 見える。

f:id:kanjuku107:20200520093105j:plain



所で、 14日にも 行ったが カタクリのタネの状況が心配で
また、朝食後に 行って見た。

 

カタクリのタネ袋は、5月の末頃になると
タネが完熟して、サヤが割れて タネを撒き散らします。

 

撒き散らした後での タネ回収は皆無である。

 

先の かたくり祭の時に、カタクリのタネ募集をし
6名様から 依頼を受けている。
それを頒布する為には 時々の状況確認が必要なのです。


そんな訳で ちょっと早いと思ったが 
ハサミとタネケースを持って 行って見た。


つい、先日まで元気だった 雑草も枯れて 敷き詰められていた。

f:id:kanjuku107:20200520093207j:plain



そんな中 探します。 (中央の緑袋)

f:id:kanjuku107:20200520093226j:plain

f:id:kanjuku107:20200520093241j:plain


ちょっと近づいてみると こんな感じ 未だ、緑緑ですね。

f:id:kanjuku107:20200520093301j:plain



もっと、上へ 行って見た。 こんな感じに 薄暗く

f:id:kanjuku107:20200520093327j:plain



目を凝らして 見ると

f:id:kanjuku107:20200520093350j:plain

f:id:kanjuku107:20200520093410j:plain

f:id:kanjuku107:20200520093429j:plain

f:id:kanjuku107:20200520093445j:plain

頭に 昨晩の雨露が




移植地へも 行って見た。 毎年、こんな感じに 雑草が我が顔で

f:id:kanjuku107:20200520093528j:plain



こんな所に 山野草アマドコロが白い花を咲かせていた。

f:id:kanjuku107:20200520093559j:plain



移植地の真上にある ケヤキの木 こんな感じに葉っぱで日射しを遮って

f:id:kanjuku107:20200520093630j:plain
薄暗くして カタクリ達を守っていました。


この感じだと タネの回収は、来週かな?


それにしても、昨晩の豪雨から一変して いい天気になった。

 

f:id:kanjuku107:20200520093656j:plain


 


じゃあ、またネ!


このブログは、時により1日数回の改訂を行う事があります。
その都度、改訂番号を変更しますので宜しくお願いします。


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

かたくり情報  2020 – 30

久々に群生地へ

 

この所、いい天気が続きますね。
朝は、12℃と 涼しいですが 昼間は、25℃以上と暑いくらいに

f:id:kanjuku107:20200514195653j:plain



さて、今年度もカタクリのタネ募集を行いましたら
6名の方から ご依頼がありました。
千曲市 3名 上田市 1名 松本市 1名 東京都 1名

 


そこで、失敬して来るタネの様子を見に現地へ行った。


カタクリの咲く山道へ 入ろうとすると 真っ黒な猫が居た。

f:id:kanjuku107:20200514195757j:plain
ビックリした。

 


ご覧の様に 山道は、両側の木々の葉も茂り

f:id:kanjuku107:20200514195842j:plain

f:id:kanjuku107:20200514195916j:plain

いい感じの日射しが 暑くなく、寒くなく


肝心のカタクリ もう、葉っぱは全て 枯れ溶けていました。

f:id:kanjuku107:20200514200004j:plain

( 右中央の細い茎、丸い緑の袋=タネ袋 )
残っているのは、タネ袋だけです。

 


実際に、現地へ行って見ると どこにカタクリが咲いていたか

f:id:kanjuku107:20200514200238j:plain



全く判らない状態で 咲いていた頃の記憶でタネ袋を探すしかない。


そして、 探すが 中々見つからない!

f:id:kanjuku107:20200514200541j:plain

 

目も慣れてきて ようやく探すことが出来た。

f:id:kanjuku107:20200514200610j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200514200317j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200514200342j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200514200418j:plain

 

これが、現在のタネ袋です。

f:id:kanjuku107:20200514200459j:plain

未だ未だ、未熟です。

 

あと、1週間から10日も経つと このタネ袋も黄色になり
割れて、タネを弾き飛ばします。

 

当然に、斜面にあるので 8割程度は 下方に落ちる。
2割は、横並びに落ちる。


しかし、このタネを失敬してくる(回収日)日が難しい!
早すぎても タネが未熟で 遅すぎれば 回収0になってします。

 

私は、この時期 週3日程度 群生地へ行って タネ袋を観察して
失敬して来ます。


それに、全てが 一緒にはならないので 数日に掛けて回収です。


タネを回収したら 小分けして 私が作った 発芽キットと共に
発芽への説明書をつけて スマートレターで各自へ発送します。

 


届いた方は、出来るだけ早めに植え付けます。
植え付けて、指定された様な所で保管して、来年の2月頃に
日射しのある場所へ置いておくと こんな芽が延びて来ます。

f:id:kanjuku107:20200514200903j:plain

そして、3月~4月頃まで光合成を行い 地表部は枯れてしまいます。
地下では、米粒程度の球根を作り 翌年の春に発芽をします。

 

花を咲かせるまで この繰り返しになります。
そして、7年~8年目で ようやく、花を咲かせます
この間の管理が難しいでして、ほとんどは忘られてしまう。

 

 

じゃあ、またネ!


このブログは、時により1日数回の改訂を行う事があります。
その都度、改訂番号を変更しますので宜しくお願いします。


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

 

かたくり情報  2020 – 29

今日は、朝は寒かったが 雲一つない好天気になった。

f:id:kanjuku107:20200425175324j:plain

 

いつもなら、新潟方面へ 美味しい魚でも食べにドライブに行っているが
今年は 例のコロナのお陰で 何処へも行かれない。

 

午前中は、杏の消毒をやった。
今年は、春の天気が 悪かったので 杏が成っていない!

1つ、2つと 成っているので やるべき消毒は打った。
でも、成っていないのに 打つのも 寂しく感じるね!

 


午後は、カタクリと一緒の頃に咲く セツブンソウのタネを植えた。
セツブンソウと言えば、我が千曲市の 市花 でして 市内に
2ヶ所の群生地があり 保全されています。

f:id:kanjuku107:20200425175809j:plain

f:id:kanjuku107:20200425175835j:plain

f:id:kanjuku107:20200425175859j:plain

 

そんな訳で、群生地から苗やタネを失敬してくる事は、御法度です。


自宅で 育てるには、県内外の山野草売店から 買い求めるしか ない。

先日、いつも買い求める(オークションで)福島県の方から
大量に仕入れたので 植える事にした。

f:id:kanjuku107:20200425175951j:plain

 

そんな セツブンソウの種まきをご紹介します。

 

今回は、ビニ黒ポットに 5粒ずつ 植えます。

f:id:kanjuku107:20200425180018j:plain

 

これが、セツブンソウのタネです。茶色で2㎜程度

f:id:kanjuku107:20200425180043j:plain

拡大すると 

f:id:kanjuku107:20200425180105j:plain

 

こんな感じに ビニ黒ポットを用意して

f:id:kanjuku107:20200425180130j:plain

 

百金で買った底網を適当に切り、入れます。

f:id:kanjuku107:20200425180218j:plain

 

そして、鹿沼土

f:id:kanjuku107:20200425180203j:plain

少し入れます。

f:id:kanjuku107:20200425180239j:plain

 

そして、大粒の赤玉土

f:id:kanjuku107:20200425180301j:plain

入れます。

 

次に、保湿と虫除けに 特製の割り箸炭を

f:id:kanjuku107:20200425180517j:plain

適度に入れる

f:id:kanjuku107:20200425180546j:plain

 

そして、小粒の赤玉と鹿沼土を5:5程 バケツに入れて

f:id:kanjuku107:20200425180612j:plain

f:id:kanjuku107:20200425180639j:plain

かき回します。 これが用土となります。

f:id:kanjuku107:20200425180707j:plain

 

8分目程、ビニ黒ポットに入れる。

f:id:kanjuku107:20200425180732j:plain

 

そして、灌水をします。 底から細かい砂を吐き出して通気性を良くする。

f:id:kanjuku107:20200425180759j:plain

 

名札をさして

f:id:kanjuku107:20200425180826j:plain

 

ピンセットを使って 5粒を適度にビニ黒ポット入れます。

f:id:kanjuku107:20200425180853j:plain

 

そして、また灌水をします。

f:id:kanjuku107:20200425180918j:plain

 

このまま、放置しても良いが 芽が出る頃に 
他の雑草が生えてくるので 不織布を適度に切り取る。

f:id:kanjuku107:20200425180943j:plain

 

そして、この上に掛けて 

f:id:kanjuku107:20200425181030j:plain

 

外れない様に紐で縛ります。

f:id:kanjuku107:20200425181053j:plain

これで、完成です。 後は、直射日光のあたらない木の下に置く
時々、灌水して 湿気を保ちます。

 

発芽は、翌年の2月中旬頃なので 1月末頃には、日射しのある所へ
2月の末頃には、不織布を取り除きます。

 

発芽した芽は、この様な 1枚葉です。

f:id:kanjuku107:20200425181508j:plain


不織布があると 芽が延びていかないので 注意です。

 

カタクリと同様に、5月頃になると 茎は枯れてしまいます。
そして、10月頃に地下で動き始めて 冬眠して
翌年の春に 親のセツブンソウの様な葉っぱを出します。
カタクリと違い、3年~4年目になると 花を咲かせます。

 


セツブンソウの種まきが終わったので 
神社のカタクリ群生地へ行って見た。

 

八王子山斜面の移植地は、ご覧の様に カタクリの姿は見えない。

f:id:kanjuku107:20200425181612j:plain


咲いていた辺りを見たら 居た、居た! 葉を広げて光合成

f:id:kanjuku107:20200425181655j:plain

 

おっ、これは受粉が成功してタネ袋があるね。

f:id:kanjuku107:20200425181724j:plain


次に、カタクリの咲く山道へ行って見た。

f:id:kanjuku107:20200425181750j:plain

 

ここでも、もう カタクリの存在は見えない。

f:id:kanjuku107:20200425181831j:plain

 

周りの藪には、黄色のヤマブキが咲いている。

f:id:kanjuku107:20200425181904j:plain

 

お、お~ 居た、

f:id:kanjuku107:20200425181958j:plain

 

居た ここにも 受粉が成功してタネ袋が

f:id:kanjuku107:20200425182024j:plain

 

あっ! これは未受粉なのか 黄色くなっている

f:id:kanjuku107:20200425182104j:plain

これも 枯れ落ちます。

f:id:kanjuku107:20200425182148j:plain

 

これが、段々と大きく成長して 中にタネを作ります。

f:id:kanjuku107:20200425182219j:plain


おっ! 崖の斜面に 超遅番のカタクリが咲いていた。

f:id:kanjuku107:20200425182303j:plain


そして、神社へ戻る途中で 紫色した花を見つけた。

f:id:kanjuku107:20200425182348j:plain


近くに寄って見たら イカリソウでした。

f:id:kanjuku107:20200425182420j:plain

 

なかなか、これも 不思議な格好の花ですね。

f:id:kanjuku107:20200425182457j:plain

 


じゃあ、またネ!


このブログは、時により1日数回の改訂を行う事があります。
その都度、改訂番号を変更しますので宜しくお願いします。


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

かたくり情報  2020 – 28

まぁ、季節の変わり目と言うか 今年は、南岸低気圧の発生が多い
昨日も 通過に従って風も雨も強くなった。

午後になると 素晴らしい天気となった。

 

明日も 来るらしく 雨模様とか?!


暖かさと水分の補給を受けてか、八王子山の雑木も見る見ると
若芽を出して薄緑になって来た。

f:id:kanjuku107:20200419201021j:plain

また、山桜も咲き始めている。


午後、あまりに いい天気なので

f:id:kanjuku107:20200419201110j:plain
  
メタボ散歩に カタクリの群生地へ行って見ました。


あの カタクリの咲く山道 

f:id:kanjuku107:20200419201146j:plain

ご覧の様に もう、カタクリは見えない。

f:id:kanjuku107:20200419201214j:plain

他の雑草の天下となっていた。


おっ 順調に受粉が成功したのか 小さなタネ袋が見える。

f:id:kanjuku107:20200419201354j:plain

f:id:kanjuku107:20200419201501j:plain

f:id:kanjuku107:20200419201849j:plain

f:id:kanjuku107:20200419201911j:plain




もっと上へ

f:id:kanjuku107:20200419201438j:plain



おっ! 未だ、咲いているカタクリがあった。

f:id:kanjuku107:20200419201541j:plain



上へ

f:id:kanjuku107:20200419201620j:plain

 

ここにも 咲いている。

f:id:kanjuku107:20200419201700j:plain



もう、葉っぱを枯らせているカタクリもあった。

f:id:kanjuku107:20200419201745j:plain

5月の頭頃になると 他のカタクリも 葉が黄色となり枯れてしまいます。

 

そして、下の 移植地へ行った。

f:id:kanjuku107:20200419202013j:plain

ご覧の様に ここも カタクリの天下から 雑草の世界になっていた。

f:id:kanjuku107:20200419202055j:plain



その中で 遅番のカタクリが咲いた。

 

f:id:kanjuku107:20200419202122j:plain

 

 

じゃあ、またネ!


このブログは、時により1日数回の改訂を行う事があります。
その都度、改訂番号を変更しますので宜しくお願いします。


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

 

かたくり情報  2020 – 27

いよいよ、今年のカタクリも終わりかな!

 

11日、12日の合同版

 

11日(土曜日) 

朝、9時半ころですと 日射しがないし 少し冷えるので
一度、咲いたカタクリは こんな感じで 日射しを待ちます。

f:id:kanjuku107:20200412164339j:plain

f:id:kanjuku107:20200412164411j:plain


そして、10時頃になると 日射しも出て来て 一斉に開花を始めます。

f:id:kanjuku107:20200412164522j:plain

f:id:kanjuku107:20200412164552j:plain

f:id:kanjuku107:20200412164634j:plain

 

また、一生懸命 咲いて もう、花殻状態に

f:id:kanjuku107:20200412164913j:plain

f:id:kanjuku107:20200412164944j:plain

f:id:kanjuku107:20200412165014j:plain

f:id:kanjuku107:20200412165041j:plain






そして、1枚と花殻が取れて

f:id:kanjuku107:20200412164750j:plain

小さなタネ袋が現れてきます。 これが、大きくなります。



どうしても、数日前に発見された 白花カタクリが気になって

f:id:kanjuku107:20200412165338j:plain

撮ってしまいます。
 

下の移植地 もう、カタクリより 雑草の方が天下を取ったので
その隙間で 最後の開花を 頑張っています。

f:id:kanjuku107:20200412165554j:plain



移植地横の藪 ヤマブキが咲き始めました。

f:id:kanjuku107:20200412165626j:plain

f:id:kanjuku107:20200412165656j:plain




未だ未だ、ギャラリーは やって来ます。

f:id:kanjuku107:20200412165744j:plain

f:id:kanjuku107:20200412165814j:plain




12日 (日曜日) 

朝は、5℃と温かく感じた。 午後から雨が降るらしいのか?
曇っている その割には、温かい。


11時頃に 現地へ行って見た。

曇っている割には、未だ 咲いているカタクリあり

f:id:kanjuku107:20200412170121j:plain

f:id:kanjuku107:20200412170144j:plain




それに、チラホラとギャラリーがやってくる。

f:id:kanjuku107:20200412165912j:plain



対岸のキティーパーク 桜が満開! とか

f:id:kanjuku107:20200412165938j:plain



予定通り、15時を過ぎた頃から小雨が降ってきた。

f:id:kanjuku107:20200412170002j:plain


これで、雨に降られると 花殻が滴で重くなり剥がれやすくなります。


県道脇にある 花情報板 を 「終わりました。」に変更することに。

f:id:kanjuku107:20200412170030j:plain



一応、14日(火)に かたくりまつりカンバン等の撤去を行う予定です。

 

このブログは、未だ未だ続きますので 時々、覗いてくださいね。


じゃあ、またネ!


このブログは、時により1日数回の改訂を行う事があります。
その都度、改訂番号を変更しますので宜しくお願いします。


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp