昼食後に神社へ行って見た。

さらしな神社側の八王子山斜面に

カタクリの移植地があります。

 

今の時期は、肝心なカタクリは 地上部は枯れてしまい

地下で 夏眠の準備をしています。

 

そんな訳で あの春先に咲いていた場所には

写真の通り 雑草や小樹に覆われています。

f:id:kanjuku107:20190624180857j:plain

ここが、移植地とは 全く判らない状態になっている。

  

 

また、カタクリの花が咲いた頃に 日射しを遮る葉っぱがなかった

ケヤキの木  現在では、枝、枝に葉っぱを茂り

薄日のみ 状態です。

f:id:kanjuku107:20190624180929j:plain

お陰で、これから迎える 暑い、暑い 夏期でも ここは、涼しいので

カタクリも安心して 夏眠が出来るのです。

 

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントを適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

このブログには、親ブログがあり 

タイトルは、「 枝成り完熟 」と 申します。

私ごとや趣味で栽培している 完熟杏の情報を

http://kanjuku107.hatenablog.com/ です。

お暇な時に 覗いて見て下さい。

感謝のお手紙が届いた。

先日(5/24)に かたくり祭の時にタネを希望した7名様に

スマートレター便で カタクリのタネを送りましたら

長野市篠ノ井の Kiさんより お礼状が届いたのでご紹介します。

f:id:kanjuku107:20190607165013j:plain

 

 

それに、別紙で これも同封されていました。

 

f:id:kanjuku107:20190607165037j:plain

 

 

ほかに、2名様より お礼のお電話を頂きました。

 

 

私も、あの時に採取した カタクリのタネを植えました。

来春の発芽が楽しみですむ。

 

 

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントを適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

このブログには、親ブログがあり 

タイトルは、「 枝成り完熟 」と 申します。

私ごとや趣味で栽培している 完熟杏の情報を

http://kanjuku107.hatenablog.com/ です。

お暇な時に 覗いて見て下さい。

カタクリのタネを採取して

毎年、かたくり祭の時に 希望者にタネを頒布しています。

今年も 募集をしましたら 県内の7名様より要望がありました。

 

3/20頃の八王子山 ご覧の様に雑木は、芽吹きもなく 地面が見えます。

f:id:kanjuku107:20190528211535j:plain

 

そして、4/22頃から雑木の芽生えが始まりました。

f:id:kanjuku107:20190528211636j:plain

 

これが、現在です。

f:id:kanjuku107:20190528211713j:plain

うっそうとしていますね。

こんな岩山でも ちゃんと雑木も茂るので不思議です。


 

 

 

そんな訳で、5/25に タネを採取に行きました。

f:id:kanjuku107:20190528211403j:plain


実は、この日の前に 何回か、現地を訪れて採取のタイミングを見ていた。

 

カタクリのタネ袋は、5月の末頃になると 緑色から 薄黄色に

そして、乾いた薄黄色になると 3つのつながったサヤが

一気に割れ始めて タネを撒き散らします。

 

ここ、八王子山の斜面で咲いたカタクリなので タネは、転がって

親の下方から 芽を出します。

 

 

当然に 撒き散らされたタネを探すなんて とても無理なので

少し前( 薄黄色気味頃 )に タネ袋を採取して来ます。

f:id:kanjuku107:20190528211909j:plain

 

朝方( 朝食前に ) 現地へ向かう

と言うのは、この群生地には 私の嫌いな が居ます。

地面に、手を出して かじられたら イヤですので!!

そう、マムシも 居ます。

 

 

所が、カタクリが咲いた頃は 他の植物は ないので

その存在は、一目瞭然なのですが この頃になると

カタクリの葉っぱは、枯れて溶けてしまい 何処に、咲いていたのか?

全く 判りません。

f:id:kanjuku107:20190528211955j:plain

 

なので 大体の場所へ来たら 座って 下の方を覗き

薄黄色(薄緑色)のタネ袋を探します。

そして、これを失敬する訳です。

f:id:kanjuku107:20190528212025j:plain


 

でも、神社側にある 移植地では、こんな感じで全く探す事は出来ません。

f:id:kanjuku107:20190528212046j:plain

 

斜面の上には、あのケヤキが 葉っぱを出して

適度の日陰を作って 地中に居るカタクリを守っています。

f:id:kanjuku107:20190528212110j:plain

f:id:kanjuku107:20190528212130j:plain

 

 

そして、自宅へ戻ったら 透明な蓋のついた瓶などに入れて

明るい場所に 置いて 熟成をさせますと

房が割れて タネ袋から出て来ます。

f:id:kanjuku107:20190528212242j:plain

これが 空のタネ袋

f:id:kanjuku107:20190528212418j:plain

 

 

そして、本日 瓶の中に 皆、出ましたので

カタクリ発芽キットを作り スマートレターで送りました。

f:id:kanjuku107:20190528212326j:plain

 

発芽キットとは、 その名の通り 全ての材料を1袋に入れた物で

タネ、米殻、炭、肥料、植木鉢用の網、不織布と植え方の説明書をセットに

 

頒布された方は、5号鉢と赤玉土鹿沼土を用意して植え作業を

 

今年は、 長野市が 4名  千曲市が 2名  御代田町が 1名に送りました。

 

 

上手く行けば、来春に発芽を楽しむ事が出来ますよ。

 

 

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントを適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

このブログには、親ブログがあり 

タイトルは、「 枝成り完熟 」と 申します。

私ごとや趣味で栽培している 完熟杏の情報を

http://kanjuku107.hatenablog.com/ です。

お暇な時に 覗いて見て下さい。

 

タネ袋を探査に行く

朝、起きて 飯前に散歩を兼ねてカタクリ群生地へ行った。

 

それにしても いい天気ですね。

f:id:kanjuku107:20190519205539j:plain


 

 

そう、今年も かたくり祭の時に カタクリのタネを募集したら

7名の方から依頼を受けていたので タネの様子を見に行った。

 

 

群生地(かたくりの山道)への入口

f:id:kanjuku107:20190519205616j:plain

若干、薄暗い

 

 

ご覧の様に 何処にカタクリが咲いていたのか全く判らない。

それに、カタクリの葉っぱも枯れて、溶けていた。

f:id:kanjuku107:20190519205653j:plain

 

目を凝らして見るが 見えない。

f:id:kanjuku107:20190519205723j:plain

 

もしかして、もう カタクリのタネ袋は弾けてしまったのか?

そうだとしたら。マズイ!

 

おっ、みっけ!! これが、カタクリのタネ袋です。

f:id:kanjuku107:20190519205755j:plain

 

いよいよ、確信の場所(花が多く咲いていた場所)へ来たが

f:id:kanjuku107:20190519205839j:plain

 

ここでも カタクリの枯れ葉もなく 全く判らない。

f:id:kanjuku107:20190519210121j:plain

 

 

それで 座って 目を堪えて見たら ありました。

f:id:kanjuku107:20190519210151j:plain

 

ここにも ここにも と

f:id:kanjuku107:20190519210237j:plain

これで、あの袋が 薄黄色になった時が 採取のタイミングで

数日でも ズレると 弾けてしまい タネの採取は出来ないのです!

 

  

山道を登り切った所の崖へ

f:id:kanjuku107:20190519210321j:plain

 

どこに カタクリが咲いていたのか もう、判らない。

f:id:kanjuku107:20190519210350j:plain

咲いていた記憶で探す
 

ここでも 目を凝らして

f:id:kanjuku107:20190519210452j:plain

 

あった!! 居た。

f:id:kanjuku107:20190519210529j:plain

 

 

そして、神社の移植地へ行った。

 

ここは、朝日は当たるが 

 

f:id:kanjuku107:20190519210623j:plain


日中は、このケヤキの葉っぱで

f:id:kanjuku107:20190519210648j:plain

薄暗くなります。 そのお陰でカタクリは生き延びています。

 

この写真が 全体です。 

f:id:kanjuku107:20190519210723j:plain

 

囲いの中は、もう雑草に雑伎の世界に

f:id:kanjuku107:20190519210801j:plain

そう、カタクリは あのタネ袋のみ残しているだけです。見えませんが。。。。

 

 

次回は、 そのタネを採取します。

 

 

 

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントを適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

このブログには、親ブログがあり 

タイトルは、「 枝成り完熟 」と 申します。

私ごとや趣味で栽培している 完熟杏の情報を

http://kanjuku107.hatenablog.com/ です。

お暇な時に 覗いて見て下さい。

 

 

 

カタクリの移植地と群生地へ行って見たら

案の定、カタクリ達の葉っぱは枯れ始めていた。

 

柵の右側  杉の根元付近に 細かな白い花が咲いていた。

f:id:kanjuku107:20190508151337j:plain

 

近寄って見ると 8枚の葉が 2段になって

その頂点に、小さい花びらが5枚で 2~3個程咲いていた。

f:id:kanjuku107:20190508151400j:plain


 

自宅に戻って、山野草図鑑を見たら 「 クルマバソウ 」と言うらしい

寒さには強いが、暑さには弱いとか! やはり、里山の斜面に

ひっそりと咲いていた。

 

 

そして、移植地へ行ったら

f:id:kanjuku107:20190508151305j:plain

もう、この時期なので カタクリ以外の天下となっており

また、斜面にあるケヤキの葉っぱが生い茂ったので半日陰に

 

 

良く見ると カタクリの葉っぱが 黄白色で枯れていた。

f:id:kanjuku107:20190508151517j:plain

 

そして、目を凝らして見たら 緑色したカタクリのタネ袋が見えた

f:id:kanjuku107:20190508151544j:plain

 

 

 

そして、カタクリの自生地(群生地)へ行った

f:id:kanjuku107:20190508151613j:plain

 

同様に カタクリ達の葉っぱが 枯れかかっていた。

f:id:kanjuku107:20190508151654j:plain

 

そして、ここにも 沢山のタネ袋が ポッ~んと延び立っていた。

f:id:kanjuku107:20190508151721j:plain

f:id:kanjuku107:20190508151744j:plain

f:id:kanjuku107:20190508151847j:plain

f:id:kanjuku107:20190508151918j:plain

f:id:kanjuku107:20190508152004j:plain

f:id:kanjuku107:20190508152032j:plain

 

 

これで、5月末頃に タネ袋が 黄白色になったら

サヤを弾いて タネを撒き散らします。

 

 

そのタイミングを見て 今年も タネを希望した方に差し上げる為に

少々、失敬する つもりです。

 

このタイミングが 難しいのです。

遅れると 皆、弾かれてしまう! 探すのは、皆無です。

 

 

希望者は、7名も います。

タネを回収しますと カタクリのタネキットを作ります。

コレって、結構な手間ですが 絶対に他ではないキットでして。。。。

 

カタクリのタネ(十数個) と 秘蔵の取説に

籾殻(添付)、専用の肥料(添付) 、穴網(添付)、

炭(添付)、 不織布(添付) がセットされます。

 

カタクリのタネは、保存をすると発芽率が下がるので

近くの方は、取りに来て貰う 

遠くの方へは レターパックで発送をします。

 

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントを適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

このブログには、親ブログがあり 

タイトルは、「 枝成り完熟 」と 申します。

私ごとや趣味で栽培している 完熟杏の情報を

http://kanjuku107.hatenablog.com/ です。

お暇な時に 覗いて見て下さい。

 

いよいよ、花殻が取れてタネ袋が顔を!

カタクリの山道では、カタクリの存在が段々と薄れて来ています。

つまり、他の植物が育って来ています。

f:id:kanjuku107:20190423220029j:plain

f:id:kanjuku107:20190423220047j:plain

 

あの あの寒暖の差が激しい中に咲いたカタクリは 花芽に枯れた花殻をつけています

f:id:kanjuku107:20190423220359j:plain

f:id:kanjuku107:20190423220416j:plain

f:id:kanjuku107:20190423220445j:plain

 

 

時間の問題で その花殻が取れて タネ袋が顔を出し始めます。

f:id:kanjuku107:20190423220659j:plain

f:id:kanjuku107:20190423220735j:plain

f:id:kanjuku107:20190423220754j:plain

f:id:kanjuku107:20190423220813j:plain

 

また、地表スレスレに生えていた 葉っぱも枯れ始めています。

f:id:kanjuku107:20190423220859j:plain

5月中旬には、葉っぱは溶けてなくなり タネ袋だけになります。
これで、カタクリは このタネ袋に栄養を注ぎ 5月末頃に

タネ袋を 破いて タネを吐き散らします。

 

 

この山道の両側には、ヤマブキが群生をしており

これも なかなかの鑑賞花です。

 

f:id:kanjuku107:20190423221011j:plain

 

崩れた斜面にも

f:id:kanjuku107:20190423221139j:plain

 

 

 

 

では、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントを適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

このブログには、親ブログがあり 

タイトルは、「 枝成り完熟 」と 申します。

私ごとや趣味で栽培している 完熟杏の情報を

http://kanjuku107.hatenablog.com/ です。

お暇な時に 覗いて見て下さい。

看板を外しに行った。

今年、戸倉のセツブンソウ群生地までの林道に

こんな看板を設置しました。

 

f:id:kanjuku107:20190417192440j:plain

 

そう、セツブンソウと言えば

昨今、千曲市の 市花 に選ばれた山野草

3月初旬ともなれば 県内外から 多くのギャラリーが訪れる。

 

そこへ 目を付けて

セツブンソウを守る会へ お願いして 看板を設置した。

 

 

いゃ、いゃ コレ! 抜群に 効いた。

八王子山のカタクリに お見えになった方に

私は、いつも 聞いている 『 どこで、知りましたか? 』と

その答えに セツブンソウの林道で! と言う方が 多々おりました。

 

 

なかなか、市内や市外でも 八王子山と聞いても

どこにある山ですか! となる

 

一度、来て頂くと もう、情報は流れて 2倍、3倍に

そして、来年も 来てくれるのである。

誠に、嬉しい 事だね。

 

 

昨日、千曲市と 信州千曲観光局へ 後援申請に対する

報告書を 提出した。

 

そこにも 書いたが

年々、来訪者の数が増えています。

また、温泉の泊まり客も多いし 昨今のネット社会で

存在を知って 訪れる方も 増えています。

 

 

所で、戸倉セツブンソウ群生地への林道入口は

今、大変な 事になっている。

f:id:kanjuku107:20190417192657j:plain

 

そう、隣接する キティパークの桜が 満開なのです。

f:id:kanjuku107:20190417192715j:plain

花見客で 混雑!  徳に、駐車場が!!

何しろ、山への昇りですし 駐車場が限られているので

やはり、狙い目は 午前中むかな?

 

f:id:kanjuku107:20190417192753j:plain

 

 

今日の セツブンソウ群生地では

カタクリが 満開 でした。

f:id:kanjuku107:20190417192859j:plain

f:id:kanjuku107:20190417192913j:plain



 

また、アズマイチゲも 満開でしょう

( 私が、行った時は朝方で未開花 )

f:id:kanjuku107:20190417192953j:plain


 

でも、ここは セツブンソウ群生地の中に 生えているので

カタクリ群生地 や アズマイチゲ群生地 とは違っています。

 

肝心のセツブンソウは、茎の先にタネ袋を

5月の末頃になると タネ房が開きタネを飛び散らします。

 

f:id:kanjuku107:20190417193105j:plain

f:id:kanjuku107:20190417193119j:plain


 

そして、翌年の春に この写真の様な 丸葉が発芽して

f:id:kanjuku107:20190417193208j:plain

2年目になって ようやく親と似た葉っぱを広げて光合成をして

早ければ 3年目で花が咲きます。

 

 

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントを適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

このブログには、親ブログがあり 

タイトルは、「 枝成り完熟 」と 申します。

私ごとや趣味で栽培している 完熟杏の情報を

http://kanjuku107.hatenablog.com/ です。

お暇な時に 覗いて見て下さい。