ちょっと、2日も 更新せずに!

一昨日は、翌日の観察会での資料作りで
そして、昨日は その観察会のまとめとTV観賞でサボってしまった。

(言い訳)

 

5日も多くのギャラリーがお見えになっていた。(日曜日だからかな?)

f:id:kanjuku107:20200406091700j:plain

f:id:kanjuku107:20200406091726j:plain

f:id:kanjuku107:20200406091749j:plain



4月2日の 満開から 昨日で中3日も経ってしまった。
この満開から咲いていたカタクリ 流石に 疲労が隠せない。

f:id:kanjuku107:20200406091959j:plain

 

そんな くたびれたカタクリの花を紹介します。

f:id:kanjuku107:20200406092059j:plain

f:id:kanjuku107:20200406092125j:plain

カタクリは、初開花して 数日は、開いたり、閉じたりを繰り返すが
3日以降になると その開く元気もなくなるのか
見た目、半開きの状態になります。

他の、後から咲いたカタクリに比べて 開きぱっぱに見える。

そして、この間から 花びらの色が 全体に薄くなって来ます。

f:id:kanjuku107:20200406092226j:plain

f:id:kanjuku107:20200406092250j:plain

特に、時間との経過で 花びらの先が 白く変化します。

そして、段々 花びらから水分がなくなるのか?
シワシワの乾燥状態に

f:id:kanjuku107:20200406092345j:plain

その後、1枚 2枚と 風に乗って飛んでいってしまいます。

 


全てのカタクリが一斉に開花はしません。
先発 並 後発 とあり 今でも いい感じに咲き始めている
カタクリもあります。

f:id:kanjuku107:20200406092457j:plain

f:id:kanjuku107:20200406092521j:plain


31日の午後に 発見された 白花カタクリは 未だ、元気に咲いています。
丁度、4日か5日が 満開状態だったと思います。

f:id:kanjuku107:20200406092649j:plain

本日 (6日)でも 未だ、見られます。
開花する時間は。9時半頃から16時頃まで です。
案内人が居ましたら お声がけして下さい。

場所を教えますよ!!


そして、4月の10日以降になると 花びらは全部なくなり
受粉が成功したカタクリは、小さなタネ袋を花の先に付けます。

これが段々と大きくなって タネが完熟したら撒き散らします。

 

 


昨日 10時から約2時間 かたくり祭の併設している
恒例の 八王子山の観察会を行いました。 今年で4回目となりました。

 

一昨日から 一気に10℃も下がる早朝でしたが

f:id:kanjuku107:20200406092907j:plain


その後の好天に恵まれ

f:id:kanjuku107:20200406093020j:plain

 

総勢で12名での観察会だった。

遠くは、長野市川中島 隣町の坂城 地元、戸倉、内川、戸倉温泉、上山田温泉等から

広々と分散しての歩きでした。

f:id:kanjuku107:20200406093102j:plain

八王子山の成り立ち(地質)、弥生の遺跡、植物、温泉について
などなど、多方面に渡っての説明となりました。

f:id:kanjuku107:20200406093204j:plain

もちろん、カタクリの移植地へも

f:id:kanjuku107:20200406093231j:plain

また、その昔の古道 カタクリの咲く山道へ

f:id:kanjuku107:20200406093256j:plain

こんな所にも 珍しい植物を発見!

f:id:kanjuku107:20200406093325j:plain

 

最後に 八王子山中腹で記念撮影を 

f:id:kanjuku107:20200406093931j:plain

3班に分けて 別れました。
1班 このまま神社へ戻る。
2班 海抜510mの八王子山頂上を極める。

f:id:kanjuku107:20200406094027j:plain

3班 古峠を使って、上山田温泉側(御薬師寺)へ降りる。

f:id:kanjuku107:20200406094057j:plain

2と3班は、一緒の行動でした。

参加者の皆さん達と 和気相合な観察会でした。

 

 

 

じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

かたくり情報  2020 – 21

満開! 2日目

 

今朝も、冷え込んだ! 屋根は、真っ白に 

f:id:kanjuku107:20200403214005j:plain

 

空は、青空に

f:id:kanjuku107:20200403214035j:plain

冷えた割には、最低気温が -1.5℃だった。

 


この冷え込みで 庭の山野草や花木達 可哀想である。

青色一輪草

f:id:kanjuku107:20200403214108j:plain



ヒメコブシ(花びらが垂れ下がって)

f:id:kanjuku107:20200403214135j:plain



今年、芽生えた紅花ヤマシャクヤクの子供(葉っぱに氷の結晶が)

f:id:kanjuku107:20200403214243j:plain


ムスカリ(葉が倒れて霜が)

f:id:kanjuku107:20200403214326j:plain



青色キクザキイチゲツツジの下なのでかろうじて)

f:id:kanjuku107:20200403214422j:plain



9時半頃に 神社カタクリ群生地へ向かいました。
そう、カタクリは日射しがあるまで、中々 開きません。


昨日、満開で 思いっきり花びらを広げていた 山道の上段にある

f:id:kanjuku107:20200403214507j:plain
大きなカタクリは、5枚の花びらのうち 1枚だけ持ち上げて!!
日射しを覗いている様ですね!

 


10時頃になると 多くのギャラリーがお越し下さいました。

f:id:kanjuku107:20200403215118j:plain



f:id:kanjuku107:20200403214616j:plain

f:id:kanjuku107:20200403214710j:plain

 

やはり、お目当ては 白花カタクリ です。

f:id:kanjuku107:20200403214821j:plain

f:id:kanjuku107:20200403214855j:plain

f:id:kanjuku107:20200403214919j:plain

 

移植地全景のパノラマ写真

f:id:kanjuku107:20200403215224j:plain

f:id:kanjuku107:20200403215353j:plain

 

 

お昼に、自宅へ戻る前に 角度を変えて撮った白花カタクリ

f:id:kanjuku107:20200403215432j:plain
(よく見ると、若干ピンク色が混じっているね!)

 

 

自宅で
朝、霜で萎れていた青色一輪草が こんなに

f:id:kanjuku107:20200403215534j:plain

f:id:kanjuku107:20200403215719j:plain



先日、自宅で始めて咲いたカタクリは、もう終わりかな?!

f:id:kanjuku107:20200403215646j:plain



昼飯を早々に終わらせて神社へ戻る
神社の桜 いい感じに咲き始めました。

f:id:kanjuku107:20200403215758j:plain



カタクリ達は、もう 満、満開でした。

f:id:kanjuku107:20200403215838j:plain

(花びらを全て後ろにそりあげて!)

 


本日も 沢山の方々が

松本から来たと言う Mさん ナビで下道を使ってとか!
遠くからお越し頂き有り難うございます。

 

それから、

長野市からお越しの 可愛い女性のIさんから宿題があり
彼女のデジカメに写っていた この花木の名前ですが

f:id:kanjuku107:20200403220009j:plain

f:id:kanjuku107:20200403220030j:plain
ウグイスカズラ 」と 言います。 珍しい名前ですね。
日本全国の山野に見られるスイカズラ科の落葉低木。
庭の主役となるような木ではなく、かつては茶庭で使われる、
開花時期は4月頃で、葉の展開と共にラッパ型をしたピンク色の
花を咲かせる。花の先端は5つに分かれる。
葉は楕円形で毛はなく、枝から対になって生じる。
春先は長さ1cm程度だが夏にかけてどんどん大きくなる。
若い葉は縁が赤紫色を帯びることもある。
初夏に紅く熟すグミのような実は甘みがあって生食できる。

f:id:kanjuku107:20200403220112j:plain

地方によって、アズキグミ、アズキイチゴなど様々な名前で呼ばれる。

(写真と文面は、ネットコピーです。)
 


明日は、週末で 晴れで 温かいので 最高の花見日和ですよ!!

 

5日の日曜は、寒気の南下で寒くなりますので
最悪、閉じ気味かも?

 

じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

 

かたくり情報  2020 – 20 改訂3

 

ようやく、満開に でも

 

天気予想通りに 今日は、天気になりました。

f:id:kanjuku107:20200402125507j:plain


9時半頃に神社へ向かう時は、13℃と気温も上昇していた。


神社の移植地へ着いた頃 ようやく上の方に日射しが射し始めていた。

f:id:kanjuku107:20200402165917j:plain

でも 下の方のカタクリは閉じていました。

f:id:kanjuku107:20200402170029j:plain



例の白花も こんな感じで閉じています。

f:id:kanjuku107:20200402170148j:plain



上の カタクリの咲く山道へ行って見たら
こちらは、下の移植地よりも早く日射しを受けるので
皆、開花をしていました。

f:id:kanjuku107:20200402170232j:plain



これは、3月23日に最初に咲いたカタクリです。

f:id:kanjuku107:20200402170309j:plain
もう、充分咲いたので 花びらが 萎れています。
時間と共に、1枚 2枚と 枯れた花びらが離れて行きます。


これが開花した最後のカタクリの姿です。

 


山道の一番上(セメントの階段がある右上)に咲くカタクリ

f:id:kanjuku107:20200402170523j:plain
結構、大きなカタクリの花ですよ!

 


ご夫婦のギャラリーがいた。昨晩、戸倉温泉に泊まった とか
ホテルのロビーに カタクリのチラシがあった ので と
木が邪魔をしているが 奥さんがスマホで旦那を撮っていました。

f:id:kanjuku107:20200402170628j:plain



神社の桜も 花芽が膨らみ始めた。

f:id:kanjuku107:20200402170700j:plain

中には、咲いている花も

f:id:kanjuku107:20200402170725j:plain



チラほらと ギャラリーがお見えになります。

f:id:kanjuku107:20200402170759j:plain



10時半頃になると ようやく、移植地のカタクリも開き始めた。

f:id:kanjuku107:20200402170832j:plain

 



この頃に、ちょっと対岸のキティパーク セツブンソウ群落へ行って見た。


一部の桜 満開

f:id:kanjuku107:20200402170907j:plain



公園内の桜は、膨らみ始めて ピンク色をしていた。

f:id:kanjuku107:20200402170936j:plain

もう、時期に開花すると思われる。


ここを通過して林道を歩く 

f:id:kanjuku107:20200402171042j:plain



私が掲げた 八王子山のカタクリの看板 

f:id:kanjuku107:20200402171018j:plain

結構、今年も これを見て こちらへお越しの方が沢山いらっしゃいました。


先日の雪が溶けたのか? 道路に水が流れている。 端を通る。
近道に 神社の階段を登る その脇の野原に 沢山の白い花が!

f:id:kanjuku107:20200402171205j:plain

f:id:kanjuku107:20200402171247j:plain



そう、これが 春の妖精の一つ アズマイチゲです。

f:id:kanjuku107:20200402171321j:plain


ただ、私が行った頃では、未だ日射しがないので 開花していません。

ここは、午後2時頃から 良い感じのアズマイチゲが見られますよ!


神社の階段(最上段辺り)横に カタクリ

f:id:kanjuku107:20200402171407j:plain



そして、セツブンソウの群生地へ行ったら
なんと! 先日の重い雪の影響なのか 群生地脇の木が根元から
セツブンソウの咲いた所へ 倒れている では、ないか!

f:id:kanjuku107:20200402171453j:plain

看板、ギリギリに

f:id:kanjuku107:20200402171525j:plain



それに、右側の階段横の 手すりも大破しているでは ないか!

f:id:kanjuku107:20200402171557j:plain


エライ、こっちゃ!!


肝心のセツブンソウ もう、延び延びで

f:id:kanjuku107:20200402171700j:plain



タネ袋を形成して これからタネを熟成させる様です。

f:id:kanjuku107:20200402171735j:plain
( ここのタネは、採取出来ません。千曲市の天然記念物なので!!)

f:id:kanjuku107:20200402171856j:plain

 


そして、カタクリの神社へ戻って来ました。
11時45分頃 カタクリ満開になっていました。

f:id:kanjuku107:20200402171944j:plain

f:id:kanjuku107:20200402172029j:plain

f:id:kanjuku107:20200402172056j:plain



あの白花も 満開に!

f:id:kanjuku107:20200402172158j:plain


角度を変えて

f:id:kanjuku107:20200402172308j:plain
 

(拡大写真 2.000mm)

f:id:kanjuku107:20200402172340j:plain



ギャラリーも 望遠で撮っていますね。

f:id:kanjuku107:20200402172448j:plain



満開になったので県道脇の

f:id:kanjuku107:20200402172631j:plain
カタクリ花情報掲示「 満開 」に修正した。

 

しかし、14時頃になると 日射しもなくなり
風も出て来て 気温が急に下がってしまった。


そしたら、カタクリは察したのか 皆、閉じ始めました。

f:id:kanjuku107:20200402172822j:plain



空も 変な感じになって来た。 

f:id:kanjuku107:20200402172915j:plain

ので、看板を修正しました。
「 寒くて 閉じ始めました。 」追加しました。

 


で、16時を過ぎた頃に また、快晴となったが
日射しは、西日になり 夕方って感じに


明日 3日(金)は、満開 2日目で 快晴とか!


気温も お昼頃に 15℃以上になるので 

いい感じ満開に咲くと思います。

 


翌日 4日(土)も、若干の雲はあるが天気で16℃とか

いい、お花見となりますので 

皆さんのお越しをお待ちしています。

 


5日(日)は、八王子山の観察会なので 
ご案内人は現地に居ませんので 宜しくね。

 


じゃあ、またネ!

 

 


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

かたくり情報  2020 – 19 改訂 1

雪にも、雨にも 負けずに!

 

天気予報通りに 昨晩の未明に雨が降っていた。
朝、起きて見ると もう、乾いていた。
で、曇っていました。 気温は、+2℃と温かい。

 


昨日、白花カタクリの写真を撮ったのて、早々にプリントして
神社の掲示板に貼り付けた。

 

今日は、雨模様の事なのでカタクリの案内は中止にして
久々に、長野のTデパートへ出掛けた。

 

普段日なので 駅前通も空いている。
歩いている人は、皆 マスクをしていた。 私もした。

 

10時頃に着いたが 雨は降っていなかった。

私は、Tデパートへ行く時は 回るコースが決まっていて
シェルシェ側から入り、5階で本館へ移動して 紳士服コーナーを見て
地下へ いつものパンを買って、青果、魚を見て いつものコーヒーを買って
地下から地上へ、そして駐車場へ それ以外は、用事がない限り寄らない。


久々に、昼飯に 蕎麦やへ行く事にしてバイパス横のたなぼた庵へ行った。
並を頼むつもりが、実際の注文は、大もり(重ねもり)¥1.000円を


その昔、開店した頃は、並 中 大とあり その差が数十円だったので
非常に混んでいたが、今は 普通の蕎麦屋になってしまった。

 


そして、今日の神社カタクリの様子を見に帰りに寄って見た。

昨日、満開だったカタクリは ご覧の様に 下を向いて閉じています。

f:id:kanjuku107:20200401152531j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200401152617j:plain

 

かろうじて 開いているカタクリ

f:id:kanjuku107:20200401152722j:plain

 

そして、昨日 発見した白花を探したが閉じていると探しにくい!


何回か、「 あの辺 」「だった」と 探して 要約、的を得るが
望遠にして拡大すると 視野が狭くなり 判らなくなってしまう。

そして、方向を変えて 撮ろうとするが また、見失う!!

 

要約、見つかった。

f:id:kanjuku107:20200401153024j:plain

f:id:kanjuku107:20200401153106j:plain

f:id:kanjuku107:20200401153149j:plain

14時頃~ 予定通り 雨降りになった。

 


明日4月2日(木)は、朝から晴れるが気温が低いと予想されている。

3日(金)4日(土)は、晴れて 気温が2桁なので お花見日和とか!

5日(日)は、 晴れるが、寒い様です。観察会は、ダウンかな?

 


じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

 

かたくり情報  2020 – 18 改訂 1

白花、発見!!

 

久々に、晴れるとの予報だったので
朝食を後にして、庭の周りに除草剤を打った。 
庭が広すぎるので草取りでは間に合わないし、この所の雪等で
水分を得た、雑草がニョキニョキと生えてくる。

 

8時頃に終わった。
そして、朝食と思ったが 明日は、血液採取(検査)の予定でしたが
急遽、朝食を後にして いつもの主治医へ向かった。

 

大体、4ヶ月於きに血液を採取して 尿酸値、中性脂肪等の検査を
それに、前立腺(PSA)検査を 昨今、皮下脂肪が増えているのか?
腕の肘近くから採取できない(血管が細いし)で、看護婦さんも
困ってしまい、結局 手のひらの表から採取した。
痛いと思ったが、さほど痛くなかった。次回から、ここにしよう! と

 

なので、自宅へ戻ったのは9時半頃だった。
そして、朝食を頂いた。 いつもより、2時間半遅れなので旨かった。

 


結局、神社のカタクリへは10時過ぎとなってしまった。
でも、ここは この頃にならないと日射しがないので
カタクリの開花は、ありません。 丁度、開き始めた!!

f:id:kanjuku107:20200331200118j:plain



10時半頃になると 一昨日や昨日 寒くて開かなかった
カタクリが一斉に 開き始めました。

f:id:kanjuku107:20200331200208j:plain



11時頃に カタクリの咲く山道へ足を延ばした。
ここでも、寒くて我慢をしていたカタクリが咲き始めていました。

f:id:kanjuku107:20200331205714j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200331205759j:plain



やはり、カタクリって日射しを浴びるとゲンキンに開きます。

一回りして、下の移植地へ戻る。
今日も アマチュアカメラマンが 開花したカタクリを撮っていました。

f:id:kanjuku107:20200331205913j:plain
 


お昼頃は、見事に咲いていましたね。

f:id:kanjuku107:20200331210019j:plain

 

もちろん、午前中も 多くのギャラリーがお見えに

f:id:kanjuku107:20200331210121j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200331211452j:plain



12時半頃になると 青空も顔を出した。

f:id:kanjuku107:20200331210153j:plain



遅めの昼飯に 自宅に戻る。

庭に植えてある 山野草ハッカクが花芽(丸い)を付けて
日に日に、大きく延びています。

f:id:kanjuku107:20200331210242j:plain



十数年前に、群馬へ行った時に買い求めたアカヤシオツツジ
ようやく、今年 花芽を付けて 咲いた!!(感動もの)

f:id:kanjuku107:20200331210314j:plain



この頃、天気がいいと咲いている キクザキイチゲも 又、開花していた。

f:id:kanjuku107:20200331210528j:plain



14時頃に 神社へ戻った。
この頃になると 移植地の日射しは、左側からになります。
中程を見ていたら チラッて白い花びらを見た!

愛機のコンデジカメラを望遠にして、撮ってみた。


そして、画像を確認したら なんと! いつもの白花でした。

f:id:kanjuku107:20200331210725j:plain

しかも、2本も!!

白花は、茎の色が 薄緑 です。

一般のカタクリは、濃い茶色 です。

 

その時に 来ていたギャラリーに教えてやった。
皆さん、感動をしていましたね!

 

ですので、
午前中にお見えになった方から 白花は?と言われると
「 今年は、お休みの様です! 」と答えていました。

ごめんね!

この記事を見ていたら また、来てね。

 

三脚をセットして、倍率を更に上げて撮った写真

f:id:kanjuku107:20200331211034j:plain



その後、お見えになった方々に場所を教えると

撮っているが、果たして 上手く撮れるかな?

f:id:kanjuku107:20200331211225j:plain



白花をバックに 元ギャル2人の記念撮影を
( 掲載:了解済み )

f:id:kanjuku107:20200331211301j:plain


 

所で、明日は 当地では 午前中は、小雨? 午後は 雨とか?!
雨になると また、カタクリは閉じてしまいます。


2日(木)は、雨のち晴れ( 忙しい~ね! ) 
3日(金)~5日(日)以降も 晴れ模様なので

今年は 満開日は、3日の金曜日と思われます。

 


じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

 

かたくり情報  2020 – 17 改訂2

大雪にも負けずに頑張るカタクリ

 

昨日の湿った大雪は、凄かったね!
八王子山のカタクリ達にとって 最大の試練だったと思う


今朝は 雪が降った割には、+1℃ と温かかった。
これが、マイナス気温だと 満開の杏に影響が出てしまう。
霜が降りて、受粉した小実が凍ってしまい 収穫が0なんて事も


杏ちゃんも 頑張っています。

f:id:kanjuku107:20200330112549j:plain



八王子山の頂上辺りは、ご覧の様に 積雪が見える。

f:id:kanjuku107:20200330112609j:plain



朝食後に 神社の移植地へ車を走らせた。

f:id:kanjuku107:20200330112633j:plain

 

昨日よりも 雪は消えていた。

f:id:kanjuku107:20200330112838j:plain



カタクリは、元気とは言えないが 頑張っています。

f:id:kanjuku107:20200330112802j:plain
これで、日射しが戻れば 先日の様に開花します。

 

 

そして、カタクリの咲く山道へ向かった。

f:id:kanjuku107:20200330112920j:plain

f:id:kanjuku107:20200330113037j:plain




ここでも、同様に カタクリ達は 頑張って日射しを待っていました。

f:id:kanjuku107:20200330113012j:plain



ただ、枯れ葉が雪の重みでズレ出して、カタクリの上に乗し掛かっていた

f:id:kanjuku107:20200330113117j:plain
のが可哀想に見えた。      オイ、オイ 枯れ葉! 押すなよ!って感じ


日射しを待っていますね!

f:id:kanjuku107:20200330113216j:plain



下り道の斜面にも 雪が積もっていた。

f:id:kanjuku107:20200330113251j:plain



でも。カタクリは元気していました。

f:id:kanjuku107:20200330113341j:plain



上から見た移植地 上部に、未だ雪が残っていますね。

f:id:kanjuku107:20200330113407j:plain

こんな程度なら、今日中に溶けてしまう。



そして、一旦 自宅に戻り 県道際にある カタクリ花情報板
掲示カードを作成して 張り替えに向かった。


そう、こんな大雪は想定していなかったので
新しく 作り 早々に張り替えに行きました。

「 雪にも 負けずに カタクリは咲きます 」とね。

f:id:kanjuku107:20200330113609j:plain



千曲川に掛かっている大正橋から見る里山

f:id:kanjuku107:20200330113643j:plain



五里が峰 また、冬に逆戻りだね!

f:id:kanjuku107:20200330113711j:plain


 

地元の県道、村落の道路、神社の道等の雪は消えました。
カタクリを見学する道は、特にぬかってはいませんが、少し滑りやすい
ので足下に注意が必要かもね。


所で、カタクリが開花するには 日射しが欲しい!!

 

明日3/31の天気予報では 朝からお昼頃まで日射しがあり
気温も2桁になるらしいので開花すると思います。

温かくて絶好の花観賞日となるでしょう。

 

4/1(水)以降は、晴れる寒気が入るので寒いと思います。 

 

 

尚、今週末は みどりのサポート隊企画
第4回「 八王子山の自然観察会 」が 

10時からあります。
誰でも、参加が可能です。 歩きやすい靴で、飲み物、マスク等持参
お暇だったら、軽い運動のつもりでお越し下さい。
毎年、大勢の方がご参加を頂いています。
なお、雨天中止です。

 

 

午後3時頃になったら 空が明るくなって来た。

f:id:kanjuku107:20200330165723j:plain



また、最高気温が15℃まで上昇した。

なので、神社へ行って見た。

f:id:kanjuku107:20200330164853j:plain



山の斜面の移植地 いくつかは開いていたが

f:id:kanjuku107:20200330164944j:plain

 

ここは、この時間になると 日陰気味なるので
ほとんどは、閉じていた。

f:id:kanjuku107:20200330165024j:plain



そして、カタクリの咲く山道へ行った。

f:id:kanjuku107:20200330165113j:plain

入口の雪は、溶けていた。


ここは、今の時間 西日が当たるので咲いているが

f:id:kanjuku107:20200330165206j:plain



どうも、日照時間が少ないのか? 

f:id:kanjuku107:20200330165255j:plain

f:id:kanjuku107:20200330165319j:plain

f:id:kanjuku107:20200330165345j:plain
外側の2枚だけが開く花が 多かったです。

 


そして、上の舗装道路から下って
公衆トイレ前の山斜面を見ると ヤマエンゴサクが群生して 咲いていました。

f:id:kanjuku107:20200330165501j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200330165533j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200330165609j:plain

なかなか、不思議に花ですね。

 


このブログ記事は、1日で何回も改訂される時があります。
改訂番号を 確かめてね。

 

じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp

 

 

かたくり情報  2020 – 16

今期、最高の積雪に!

 

昨晩、11時頃 それまで雨だったのに ミゾレに変わっていた。
明日の朝は、雪化粧か? と思いつつ 床に入った。


起きて見ると 予報通りの雪景色

f:id:kanjuku107:20200329094722j:plain

しかも、降り方が 今シーズン最高!! しかも、積もっている。

f:id:kanjuku107:20200329094825j:plain

 

今シーズン 当地では、雪が舞う程度で 積もっても数㎝で
直ぐに溶けてしまって 私も、1回も雪かきはしなかった。


その程度の雪ですので もう、大雪に近い状態です。

f:id:kanjuku107:20200329095016j:plain


満開だった杏ちゃんも ご覧の通り 雪に覆われている。

f:id:kanjuku107:20200329094855j:plain



2階の窓から見る 県道 グジャグジャ雪で とても歩けない。

f:id:kanjuku107:20200329094949j:plain

この時期になると 皆、ノーマルタイヤに交換されている。
しかも、ミゾレの後の雪なので 圧雪されていないので滑ると思う!

 


重い雪なので 一昨日から咲き始めた ?ツツジ 
雪の重さで 垂れ下がっている。 

f:id:kanjuku107:20200329095111j:plain

可哀想なので箒で叩いた。
ご覧の様に 満開のツツジです。

f:id:kanjuku107:20200329095143j:plain



朝食後に 完全装備(まだ、しっかり降雪なので)になって
今期、初めての 雪かきを行ったが
雪の下は、グジャグジャミゾレなので 重い! 腰にくる。

端から端までは 出来ない ので 歩くとこだけにして止めた。

 


その 完全装備で 神社のカタクリへ行って見た。

f:id:kanjuku107:20200329095215j:plain

やはり、常緑樹の杉の木下は、降雪がない。
で、落葉樹のケヤキ下には 雪が積もっていた。


一昨日まで 開花していたカタクリは、
ご覧の様に、花芽と茎だけが 雪の上から 見える状態に

f:id:kanjuku107:20200329095304j:plain



掲示板の所も こんなに積もっていました。

f:id:kanjuku107:20200329095323j:plain



8時半 まだ、ガンガンと降っています。

f:id:kanjuku107:20200329095359j:plain



お宮の屋根 角度がキツイので ズレ落ちる雪

f:id:kanjuku107:20200329095425j:plain



そして 神社側の山斜面

f:id:kanjuku107:20200329095501j:plain



次に カタクリの咲く山道へ 行って見た。

f:id:kanjuku107:20200329095526j:plain
ご覧の様に 真冬に逆戻りしていました。

f:id:kanjuku107:20200329095851j:plain



肝心のカタクリ 当然に雪に埋もれていました。

f:id:kanjuku107:20200329095611j:plain



頭だけ 出したり

f:id:kanjuku107:20200329095646j:plain



斜面で咲いたので 重みで倒されたり

f:id:kanjuku107:20200329095714j:plain

f:id:kanjuku107:20200329095738j:plain
かたくなに 閉じていますね。

 


これ、公衆トイレ前の 県道です。

f:id:kanjuku107:20200329095932j:plain



そして、ここから 里山の五里が峰方面を見るが 真っ白!

f:id:kanjuku107:20200329095954j:plain



そして 稲荷神社から 移植地を見ると

f:id:kanjuku107:20200329100036j:plain



あの 咲いていたカタクリ 皆、閉じて。。。。

f:id:kanjuku107:20200329100115j:plain

f:id:kanjuku107:20200329100135j:plain


午後には、雪も止んで 一気に溶けると思います。

 


明日は、晴れになり 午後には、2桁気温になるらしいので
また、咲き始めると思われる。

 

31日(火)は、晴れて20℃前後になるので
水分をもらったカタクリが一斉に咲くかもね!!

 

所で、カタクリを含めて 今の時期に芽出しや咲く山野草たちは
こんな雪やマイナス気温には負けません。
たとえ、茎や花が凍っても 溶ければ、何もなかった様に
元気を取り戻します。 (体に不凍液でもあるのかな?)

 

このブログ記事は、時によって その日に何回も更新されますので
改訂番号の数字を確かめて下さい。

 

じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp