移植地の藪刈りと竹柵の交換を    改訂1

昨晩は、久々の土砂降りとなった。
お陰で 翌日の藪刈りが延期になってしまうのか 心配でした。

 

で、朝 起きて見ると いい感じに晴れていた。

 

本日は、1月の役員会で決めた 藪刈りの予定日です。
例年だと、積雪があり 雪の上での作業となるが
今年は、全く ない!


作業としては、やりやすいが 困った問題があるのだ!


それは、肝心のカタクリが目覚めている かも知れないのです。
仮に、目覚めていると 花芽の上を歩く事になる。

芽を潰してしまうのである。

 

例年だと、カタクリは 未だ冬眠中なのです。
所が、今年の様に 暖かい日が続くと 芽が動き始める。

でも、今更 期日の変更も出来ないので 作業を行いました。


集合時間は、いつも9時と決めていたが
昨年に、9時に来たら 神社の宮司さんが8時から作業をして
なから、終わっていたので 今年は、少し早めたが
当初、8時としたが やはり、早いとの事なので 8時半に修正した。

そんな変更を知らなかった役員が 8時に神社へ来たら

誰も居なかったので、自宅へ戻ってしまった とか!

 


この移植地
1年間の間に こんな感じに 雑木の子供やイバラなどが茂る

f:id:kanjuku107:20200217193819j:plain
カタクリの咲いた後に、彼らのコロニーとなってしまい
とてもじゃないけど、そのままにすると
ジャングル化してしまい、カタクリは絶えてしまいます。


8時半に 移植地前に 集合して 作業を開始した。

f:id:kanjuku107:20200217193922j:plain

最初に 宮司さんが エンジン草刈り機を使って 藪を払いきります。

f:id:kanjuku107:20200217193948j:plain

ここは、ご覧の様な斜面ですので 拾い集める人が入り
草刈り機の刃と接触すると 大けがになるので
柵の外の落ち葉移動をしていました。

f:id:kanjuku107:20200217194046j:plain



藪切りが終わると 熊手を持って 柵の中へ入ります。

f:id:kanjuku107:20200217194143j:plain



そして、切った小枝や 杉っ葉を集めます。

f:id:kanjuku107:20200217194203j:plain



この作業が 結構、大変でして でも、大人数で行うと早いです。

f:id:kanjuku107:20200217194233j:plain

f:id:kanjuku107:20200217194304j:plain




約1時間半の 格闘で こんなに キレイになりました。

f:id:kanjuku107:20200217194339j:plain



久々に 役員が集まって 記念写真を

f:id:kanjuku107:20200218231522j:plain

( 私は、撮っているので居ない )

そして、いつもの茶話会を行う。 でも、次の仕事があるので早々に終わらせた。


次の仕事とは、 カタクリの山道に 設置してある竹柵囲いの修繕作業が!

f:id:kanjuku107:20200217194759j:plain

竹が割れてしまったり

f:id:kanjuku107:20200217194841j:plain

折れてしまったり、汚れたり


実は、この作業が キツイ作業でして
まず、私の車に載せてある 道具を 山道まで 運ばないといけない。
空身で歩くと、数分なのですが 役員 6名で 1つずつ 持って上がる事に

 

充電式のインパクトドライバー に 穴開け用のドリル
先日、調達して来た 15cmと10cmの六角ボルトネジ、蝶ナット、ワッシャ
竹柱を打ち込む 大きなハンマー その他、道具箱を 持ち上げる。


先日、近くの竹藪から 切り出した竹の棒を 山道の上へ運び上げる

f:id:kanjuku107:20200217195108j:plain



去年までは、竹と竹を 緑色した針金止めをしていたので 

f:id:kanjuku107:20200218171611j:plain

f:id:kanjuku107:20200218171627j:plain

これを 

 今年は、ナット締めに変更挑戦した。

f:id:kanjuku107:20200218171730j:plain

すべき、部材をホームセンターで調達して来ました。

 

柱の竹と柵の竹を合わせて於いて、充電電池のインパクトドライバーにドリルを装着

して、この2つの竹を一気に穴開けをして 蝶ナット締めを行います。

f:id:kanjuku107:20200217195152j:plain

 

このナット締め、やって見ると 案外、短時間で作業が終わるし 見たとこも良い

f:id:kanjuku107:20200218172741j:plain

f:id:kanjuku107:20200218172800j:plain


今までの 針金で締める方法だと 作業者によって締め付け具合が悪い事も

 


上から作業を始めた。 作業も慣れて来て順調に

f:id:kanjuku107:20200217195232j:plain



半分ほど 竹を交換していたら どうも、竹が足らない様なので
急遽、女性2人で 近くの竹林へ 行くハメになった。

f:id:kanjuku107:20200217195252j:plain

彼女達も 頑張って 多くの竹棒を切って 運んでくれた。

f:id:kanjuku107:20200217195324j:plain



所が、今度は 

蝶ナットの長さと竹と竹の間隔が、大きく違い 結局、竹でスペーサを入れる

f:id:kanjuku107:20200218173132j:plain



調達して来た 六角ボルトネジ、蝶ナット、ワッシャが足りなくなったので
男性1人が 稲荷山のホームセンターへ買い出しに出掛けてもらった。


なぜ、竹棒と部材が足りなくなったかと言うと
交換すべき竹柵以上の 竹柵を外してしまったのが原因で
その交換するべき竹棒の状態があいまいだったので、

外す人が片っ端から外してしまった。

 

まぁ、緑竹に交換するので 見た目は良くなるし
協力し合って、皆での力作となるから 良いとしましょう!!


ご覧の様に 上から いい感じに なっていますね!

f:id:kanjuku107:20200217195440j:plain



あまりにも、皆で 一生懸命頑張ったのて お昼を 忘れていた!!
気がついたら なんと、12時40分を過ぎていた。

結局、未完成であるが 散会をする事にした。

 

着実に、かたくりまつりに備えています。

 

続きの作業は、 
一応、3月10日のかたくりまつり実行委員会の後で と言う事に
でも、やはり 早くに完成をしたいので 時間を作って1人、2人で
完成に近づけたい と思っています。


それにしても 久々の肉体的作業だったので 腰が痛い
でも、未だ緊張しているので 疲れてはいない が

今晩、風呂に入った後に どっと疲れがでるかも?


明日は、グっとくるかも 知れない?!

 

そして、役員宅の食事処へ行って 遅めの昼飯にした。

今日は、暖かい ぶっ込みうどん にした。

 

 

13時45分頃になると 
当地から上田方面は、いい感じに 青空も顔を出していたが

f:id:kanjuku107:20200217195824j:plain

反対の長野方面は、雪雲なのか? 変な雲が多かった。

f:id:kanjuku107:20200217195844j:plain

こんな感じに 当地が 晴れと曇りの狭間にあります。

 


15時過ぎに 自宅へ戻って来て 寒暖計を見たら
今朝の最低温度が 7℃  今日の最高気温が 18℃を示していた。

f:id:kanjuku107:20200217195936j:plain
寒暖差 約10℃  暖かかった1日でした。

 

 

明日から 寒くなる様ですね。

 

 

じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントを適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。
katakuri8@apost.plala.or.jp